xcodeのエラーとか

customCellをいじってたら「Could not cast value of type 'UITableViewCell'」ってエラーが出て、クラス自体を消してもエラーが消えなくて、何が原因かよくわからなかったけどクリーンビルドしたらエラー消えた、謎い

 

以下ハマってる点

・タブ型のニュースアプリで、タブの内容をapiから取ってきて表示させたいんだけど、alamofireでやると非同期処理で実行されるからか画面が表示されない

タブの内容を固定でやる場合、タブにニュースとってくるURLが入ってて、そこから取ってきてtableViewに表示(読み込みに0.5秒くらいかかって空のtableViewが表示される)

たぶん、タブの内容と取ってきてからテーブルを構築する同期処理にするか、取ってきて描画が終わってからあらためてテーブルを構築しなおすか、かな?

どのみち毎回通信するんじゃ遅くなるから、一度取ってきた後は保存しておいてそこからやる感じ

・dingoのjwt-authで認証したいんだけどよくわかんないから保留中

これができないとログインしてどうこうができないからちゃんとwiki読むか…英語苦手

gulpでs3の静的ホスティングに使うhtmlを書き出す(クリーンURLを目指す)

プロフィールとかポートフォリオ的なサイトを作ろうと思い立つ
→ページ数そんないらないだろうし手打ちhtmlでs3の静的サイトホスティングを使ってみよう、安いし管理楽そうだし
→テンプレート複数コピペするだけでもクソだるい…PHP使いてえ
→何か方法がないか探す
→gulp-ejsってのを使うと簡単にテンプレートが作れるらしい
→めっちゃ簡単!さくさくや!
→ある程度作って試しにアップロードしてみたけど拡張子のhtmlを消してクリーンなURLにしたい
→普通に拡張子を消してcontent-typeを手動で変えれば可能だけど、アップロードのたびに手動はだるい(CLIとか方法はあるかもしれないけどだるい)
→ファイル名をフォルダ名にして、ファイル名をindex.htmlにしても可能だな、こっちならgulpで自動化できそう
→はまる
まずgulp初学者だから中でどう動いているかわからない
ググっても導入法と簡単な使い方ばっかで見つからなかった(たぶんgulpに精通してる人はこんなことで悩まないので書く人が少ない&S3以外ではサーバー側の設定でクリーンURLにできるので、こんなことで悩まない&staticpressを使ったほうが楽なのでみんなそっちを使うetc...なのでニッチすぎるのだと思われる)


→いろいろ試行錯誤して解決する


gulpfile.js

//module load
var gulp = require("gulp");
var ejs = require('gulp-ejs');
var rename = require("gulp-rename");
var through = require('through2');
var path = require('path');
var File = require('vinyl');

//path
var root = "./";
var ejsSrcPath = root + "src/*.ejs";
var ejsDestPath = root + "public";

//tasks
gulp.task("ejs", function() {
    gulp.src(
        [ejsSrcPath,'!' + root + "**/_*.ejs"]
    )
    .pipe(through.obj(function (file, enc, cb) {
  	var basename = path.basename(file.path, '.ejs');
        if(basename == 'index'){
        gulp.src(
            [file.path]
        )
        .pipe(ejs())
        .pipe(rename({ basename: "index", extname: '.html'}))
        .pipe(gulp.dest(ejsDestPath))
        }else{
          gulp.src(
            [file.path]
        )
        .pipe(ejs())
        .pipe(rename({ basename: "index", extname: '.html'}))
        .pipe(gulp.dest(ejsDestPath + '/' + basename))

      }
      cb(null, file);
		}))
});

ejsファイルの名前をフォルダ名に使うため、through2を使用
ファイル名をbasenameとしてpathを用いて取得
ejsでテンプレートを合成した後renameで名前をindex.htmlに変更し、destで書き込む
ルートのindex.htmlはフォルダが入らないので処理を分けてる(pipeの中で分ける方法がよくわからなかったので少々冗長、たぶんfunctionでなんとかするはず?)

これで心置きなくコーディングに集中出来るぜ!

iosアプリの勉強してるけどむずいわ

PHPがいかに楽な言語か再認識した…

 

optionalとか型について厳密だし、Xcodeの扱いに慣れないと画面遷移とかすらよくわかんなくなるし

初心者用の書籍買って簡単なアプリは作れたけど、その先についてがあんまり記述がない気がするのよね、高度な技術というか

 

 

feedlyのUIあんまり好きじゃないから、fetherTwitterみたいな、下にタブあってフィードを切り替えるrssリーダーみたいなのを作りたいんだけどなかなか難しい

 

いつ完成できるかなあ…

Laravel5のAmazonSESの設定でちとハマったのでメモ

smtpの認証情報はmail.phpsmtpのusernameとpasswordに書く

ホストにはemail-smtp.us-west-2.amazonaws.comとかそんなやつを入れる

んでservice.phpのseeのところのkeyとsecretはsmtpででてきたやつじゃなくて普段使ってるやつ
これでいけた

 

答え出るまで結構悩んだのに分かってみたら簡単だったことってあるよね…

生ー存ー報ー告ー

およそ1年ぶりです

主にプログラミングのためのブログなのに全然プログラミングせずにゲームばっかりしてたら全然更新する気が出なかったでござる

 

最近はps4でCoD:BO3をやってるかMBAでマイクラやってる

Japan Minecraft Serversで1位の鼻毛鯖ってところでマルチ

マイクラしてる人は鼻毛鯖で僕と握手!

 

んで、ブログを書いてるということはまたプログラミングやり始めたってことで、懲りずにPHPでしこしこwebサービス的なものの作成にチャレンジしてます(前のRankryと拡散団は存在ごと抹消した)

 

前の2つの大きな敗因は、

・Rankry…需要がなかったこと

・拡散団…展望性なさそうでモチベがなくなったこと

だった

あと最初からみんなが使うものを作ろうとしたことや自分自身のリソース不足などなど

 

なので、そこそこ需要がありそう且つ自分で使うものを作ろうかと

自分で使うものなら使ってれば自然とモチベも保てそうだしね

 

で、今作ってるのは…「オレオレRSSリーダー兼ニュースサービス」

今主に情報収集に使ってるのは

RSSFeedly

ニュース→スマートニュース、はてブ

なんだけど、feedlyちょい使いにくいしフィルタリングしたいし、ニュースアプリは記事広告うざいし、じゃあついでにニュースもとってくればいいんじゃねってことで

スマートニュースのローカルで読める利点とか全然活用してないしね

 

ちょっと調べたところRSSのフィルタリングのyahoo!pipesはサービス終了しちゃったし、フィルタ系RSSリーダーは有料のばっかだし、じゃあ試しに自分で作ってみようと

虚構新聞とかホッテントリから消去したかったのだ…

 

まあできたところで実際どの程度のものになるかはわからないけどね

なんだかんだスマホアプリじゃないといじらなくなるような気もする

 

とりあえずフィードとってきてフィルタリングするところまではできたから、最低限RSSリーダとしては運用できそうだけど

ニュースサービスっぽくするには記事のジャンルを自動で分類するやつ実装しなきゃならないのが面倒くさそう

なんとなくPHPでやる事じゃないような気もする…

 

あ、ちなみに環境はMBAでLarabel5.1とvagrantvirtualbox(laravel homestead)

本番はAWSで運用しようと思ってるけど、他のサイトにリクエスト飛ばしまくるし費用がばかにならなそうなのが心配事、まあやってみないとわからないけど

 

まあそんなところで、今年もよろしく

 

 

買い物とゴミ捨てめんどくさいから漫画雑誌の電子書籍化をさっさと進めてくれ

タイトルが結論である
後は適当に思ったこと

漫画を読むのが好きなので、単行本も買うし漫画雑誌もけっこう買うのですが、置き場所がそろそろないし雑誌を捨てるのもめんどいのですよ
自炊しようと思って裁断機・スキャナーを買ったこともあったけれども、なにぶん面倒くさがりなので3冊で挫折
で、潔く電子書籍買うか…と、新シリーズは電子書籍で買うことにしてるわけです

最近は雑誌も増えてきていい感じ…が、まだまだ足りない!
もっと電子書籍は頑張るべきなのだ!

現在購読してる雑誌は
週刊…少年ジャンプ・ヤングジャンプ少年マガジン・少年サンデー・週刊スピリッツ

このうち電子書籍化されているのは月刊誌全部と、週刊は少年ジャンプと少年マガジン
ただし、ウルトラジャンプは出るのが遅い
また、少年ジャンプは専用アプリのみ

メインで使ってるのはiPhone6plusで紀伊国屋のKinoppyとKindleアプリ
初めて使ったのがKinoppyだったからまずそっちで検索して、なければKindle、それでもなければ買わないって感じ

・とりあえず出るのが遅いのが多いのが問題
・あと品揃え、書店で見かけて電子書籍買おうと思ったら売ってないとかよくある
・それとweb取扱商品とかやめろ、アプリ内で完結させてくれKinoppy
・ジャンプは専用アプリだけど定期購読で安くなるのはgood

講談社は偉い!
集英社はジャンプだけよろしい、はやくヤングジャンプもやってくれ
小学館は何もしなさすぎじゃね?だからサンデーの発行部数落ちるんだよ
他の出版社は…がんば!

個人的には実物と発売日同じ&同じ品揃えなら実物よりも高くてもいい
ベッドに寝っ転がりながら漫画を買えるのは至福過ぎる

P.S.立ち読み版は重要。マンガボックスとかで何話か見れるのもかなり販促になると思う
それで悪の教典を買ってしまい今更ながら映画まで見てしまった